中学受験は人生への分岐点となるために後悔しないように塾へ

娘が小学校高学年の頃から、中学受験に向けて塾に通わせる事にしました。娘は、将来の夢が明確でしたので、娘にきちんと将来の夢を実現する為には、勉強を頑張らなくてはいけない旨と、どのような学校に行くべきかを話した後に、娘から中学受験に伴い塾に自ら通いたいという申し出がありました。
塾では、他校の子もいましたので、それが娘にとって良い刺激になっていたようです。その為、塾でさまざまな子とのコミュニケーションもとりながら、勉強の成績も伸びていきました。中学受験で必ずしも全員が合格するわけではないという事も全て本人は理解していましたが、自分は合格したいという意思を常に持って塾にも通い、わからないところは、集団講義ですので恥ずかしいらしく、こっそりと先生に聞きに行っているようです。個別の指導も考えましたが、他の子からもたくさん刺激を受けてそれが良い面で影響されていますので、個別ではなくやはり集団講義のままですすめています。質問に関しても、講義中でなければいけないという指示はないですので、現状を維持していかせようと思っています。メリットもデメリットもありますが、比べてみて優先すべき項目がしっかりなされているかで判断する事が大事であると思います。